Top > 美容室と理容室の違い

美容室と理容室の違い

美容室は、よく理容室と混同されますが、実はこの2つは違うもの。一般には「理容室=男性向け」「美容室=女性向け」といった印象もあるようですが、美容室と理容室、一体どこが違うのでしょうか?

美容室と理容室、実は業務内容が違います。理容室は髪の毛のカットやシェービングがメイン。それに対して美容室の主な業務は化粧やヘアメイク、カラーリングやパーマなどによって容姿を整えること。ヘアカットもしてはいますが、これはあくまでもパーマなどに付随したサービスにすぎません。こうした業務内容は、法律によって定められています。

ちなみにシェービングは理容室でしかできません。こうしたことから「理容室=男性向け」という印象になったのでしょうね。でも、女性でも顔そりをしてもらうとお化粧のノリがよくなりますので、カットだけの場合は理容室に足を運ばれてはいかがでしょうか。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
美容室と理容室の違い(2009年7月 3日)
美容室の選び方(2009年7月 3日)
ヘアサロンとは(2009年7月 3日)
ヘアサロンの口コミ(2009年7月 3日)